2006年04月06日

「Boot Camp」のことは...

少し置いておきまして...

051117_laptopcrank.jpg


Alan Kay氏が1970年代から構想していたと言われる「$100PC」のプロジェクト「The One Lap

top Per Child」から新しいプロトタイプが発表になりました。

blue_pivot_430x390.jpg


前回の発表から仕様が少々変更になった様子ですが、このプロジェクトは是非成功させて頂きたい

ものです。主要国に情報網が広く普及した現在、新しい格差として「情報格差」がさけばれてい

ます。多くの子供達に「$100PC」を通して学力格差、情報格差が限りなく少ない世界に育って

貰いたいと思います。日本でも経済格差が広がりを見せ始め各家庭の経済状況の違いで今後の

人生の収入が大方決まってしまうと言う刹那な世の中になりつつあります。もしかすると後々は

日本にも広がりを見せて行くかもしれませんね。

学力や情報量で人の人格や品位が決まるわけではありませんが、決して全く関係がないとも

思えません。こうした一つ一つの行動が今後の社会作りに繋がってくれればと願って止みません。

One Laptop per Child

CNET Japan-フォトレポート:100ドルノートPCの新プロトタイプ

CNET Japan-フォトレポート:アラン・ケイ、100ドルノートPCで『ダイナブック』の夢実現

posted by 賀川和之 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(1) | Technology | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

100ドルPC
Excerpt: 世の中、いい人ってのはいるもんで、発展途上国へ安い値段で、PCを売ろうと考えて 開発した人がいるみたいだ。 マック情報を参考にしている、MAC!!MAC!!MAC!!と言うblogをちらりと見てみ..
Weblog: shout to the top of the 俺!
Tracked: 2006-06-07 04:11