2006年05月15日

わたしが -Apple製品パッケージの魅惑-

Apple製品を最高だと思える瞬間は
imac_01.jpg


その製品の箱を開けて一つ一つの梱包を解きながらお目当てを取り出している時だと思うのです(笑)。

mac_box_03.jpg


実はわたし、初めて購入したPerformerPerforma 550からLC630を経て三台目のPowerMac 7500までは中古品を購入していたため、新品購入の時に得られるあの梱包を解く悦楽はPowerMac G4/400(PCIモデル)まで味わったことが無かったのです(汗&笑)。

その後、初めて新品購入したPowerMac G4/400(PCIモデル)の箱を開けた時に感じた、あの異常なまでの高揚とした体験はまるで幼い時に両親に買ってもらった超合金の箱を開ける時か、ずっと欲しくて探し続けていたガンプラの箱を開けた時以来の感覚だったのかもしれません(汗&笑)。

何故こんな事を書くのかと言いますと最近日本語版がお休み状態になっているHot Wired JAPANに掲載されている記事「アップルの「包装」に愛着する人々」を読んで激しく頷く自分に気が付いたからです(汗&笑)...

何か製品を手にした際、パッケージ作りに拘っている製品を手にすると購入に対する満足度の高さが全く違う事に良く気が付きます。お目当ての電化製品やパソコンを手にした時の最初の行為はパッケージの梱包を解く事だと思います。

そして、その製品のメーカーが如何にブランド体験に拘っているかどうかは梱包を解く際に如何にユーザをワクワクさせたり感動させたり出来るかで決まると思います。

このHot Wired JAPANの記事で登場している人たちは、その梱包を開けている時にApple製品のパッケージングまでに行き届いたあまりの拘りにあてられてしまった方々なのです(笑)。

imac_box_02.jpg


昨年購入したiMac G5は今まで購入したMacの中では最もあっさりとした梱包で少しガックリと来る部分もありましたが本体を包んでいる梱包材に張られたシールを剥がす時はあの何とも言えない高揚とした感覚に浸る事が出来ました。

同時期にわたしが親しくしている友人もMacを購入しました。しかもWindowsからのSwitchユーザです。その友人がMacを使って最初に送ってくれたメールにはこう書かれていました。

「Macを購入したのも初めてですし、Apple製品自体まったくの初めてですが、Macを箱から取り出す時にAppleの製品がよくよく仕上がっている事が良く分かりました。箱から取り出そうとするだけでワクワクするパソコンなんてAppleが初めてで、家族でワイワイ騒ぎながらパソコンの箱を開けた事なんて今まで一度もありませんでしたから。」

わたしの友人がその「気分」をもっとも上手く説明してくれているのかもしれませんね(笑)。

最後に、わたしはApple製品の全ての箱を大切に取っておくほど部屋が広くありません(涙)...

Hot Wired JAPAN-アップルの「包装」に愛着する人々

Hot Wired JAPAN-マックファンのお楽しみ――新『iMac』開封式

Mac CollectionでWin XP OEM版とMacをセットで購入する

Windows XP OEM版を探す

信頼のTranscend 150倍速 2GB SDカード送料込み最安値

Macと組合わせるならWX310K

ブロードバンドプロバイダ料金比較

hometheater_234x60

234-60_dcm

【自動更新】キャンペーンバナー234*60

SEMPRE.JP

posted by 賀川和之 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック