2006年06月27日

われわれは、富は社会に還元すべきだ

という同氏の意見を聞いて、自分たちの財団を設立しようと思い立った。
WarrenBuffettKU2005.jpg


とは今回投資家のWarren Buffett氏から300億ドル以上に相当するの寄付をBill & Melinda Gates Foundationが受けとることになり、その記者会見の席上でBill Gates氏が述べた言葉です。

今回Warren Buffett氏は寄付について「子供たちに話したら、彼らは大変喜んでくれた。彼らは相続財産に関する私の見解を理解し、共感してくれている」と述べ、さらに「私は、機会は平等であるべきだと考えている・・・彼らは私の子供だからという理由で、社会における私の地位を引き継ぐべきではない」と述べたそうです。今回の寄付により彼は個人資産の85%を寄付することになるそうです。

bill-and-melinda-gates.jpg


記事には続けてBiil、Melinda両氏は「われわれが資金を正しく使っていることを確認するのは極めて困難だろう」と述べ、さらに「われわれは年間(総額)30億ドルを寄付し、その資金が確実に有効利用されるよう最善を尽くす」「Gates FoundationはBuffett氏から多額の寄付を得たが、今後も他の慈善団体と協力し、財源と学んだ教訓の最大化を図っていくと付け加えた。

Gates Foundationは、例えば、Michael and Susan Dell Foundationと協力してテキサス州の複数の学校に寄付を行っており、またDavid and Lucile Packard Foundationと連携してインドで医薬品を提供している。」と書かれていました。

IMG20.jpg


なお、資金提供は「Gates氏か同氏の妻が同財団に積極的に関与していることが条件となっている。」ということだそうです。

「経世済民」という言葉を略して経済と言われています。その意味は「人々を救う」ことを表しています。残念ながら多くの経済活動において現在この思想を理解し、それを貫いている集団及び個人はまだまだ少ないのかもしれません。しかし、こういったお話が少しでも増えてゆくことは大変喜ばしい限りです。


そう言えば、本日のMacお宝鑑定団に例の中国iPod工場でのその後の流れが書かれている様ですが本当なのでしょうか(汗)??Jobs氏も大変だとは思いますが企業病は気が付かないうちににかかっているものです。くれぐれも軽く見ない様にして下さいまし...たとえ委託先でも社会的責任は重くのしかかって来ますからね...これがもし事実ならAppleの姿勢も問われるわけです...今回の件で一番良いのは「勘違い」とか「思い過ごし」なのですが(汗)...

CNET Japan-米富豪バフェット氏、ゲイツ財団に300億ドル相当の寄付を発表

Bill & Melinda Gates Foundation

http://ja.wikipedia.org/wiki/経済力#.E8.AA.9E.E6.BA.90

http://ja.wikipedia.org/wiki/ウォーレン・バフェット

当ブログ-わたくしはMac Userですが

サンワダイレクト : タイムセール

Sony デジタル一眼レフα100 Debut

Best Buy Audioを見てみる

600GB HDDハイビジョンレコーダー

Windows XP OEM版を探す

Apple Store 1%ローン 夏のボーナスキャンペーン

ブロードバンドプロバイダ料金比較

ANA全日空/国際線航空券予約

ANAの旅行総合サイト【ATOUR】エーツアー

hhstyle.com



posted by 賀川和之 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Personal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。