2006年07月01日

次へ 〜その2〜

Macintoshを発表した翌年にAppleを去ることになったSteve Wozniak氏とSteve Jobs氏...
MacWorld1.jpg


前回から引き続きNeXT Inc.が立ち上がった頃の映像を...

NeXTLogo.gif


(画像が一部乱れています)


以前にNeXTに関して掲載した際も書きましたが、1985年にスタートしたこのプロジェクトは1987年出荷の予定よりも大幅にずれ1989年にやっと出荷されることになりました。

next1.jpg

next2.jpg

NextP14.jpg

next computer.jpg

(当時のNeXTの生産工場と思われる写真です)

1989年、日本は「昭和天皇崩御」「美空ひばり永眠」「坂本弁護士一家失踪事件」「手塚治虫先生永眠」「セクハラ」「おやじギャル」

国産パソコンでは東芝 世界初のノートバソコンDynaBook J-3100SS、富士通 世界初CD-ROMドライブ搭載32bitパソコン FM TOWNS、NEC 日本初のカラーラップトップバソコンPC-9801LX5C。

4270A.jpg

4230A.jpg

4240A.jpg


Appleは漢字Talk6.0、Macintosh SE/30、Macintosh IIcx、Macintosh Portable、Macintosh Portrait Displayなど

se-30.jpg

maciicx.jpg

下のModelはトラックボールの部分がテンキーになってますね
macport.jpg


こうやって見てみるとハードウェアが元気な時代だったんですねぇ...



それにしても...デザインは別にして日本って「世界初」が多いですぇ(感心感心)...ちなみに世界初CD-ROMドライブ搭載のFM TOWNSはGUIの「TOWN-OS」で動作していたそうです。

Town os.jpg


さらにIntel製CPU i80386の性能を活かすために当時から既に4GBリニアアドレスを実現されていたとか(凄い...)。そして、当時FM TOWNSが発売されると当時のAppleが秋葉原で2台購入し、その1台をApple本社に運び込んだそうです。ちなみにFM TOWNS搭載のCD-ROMの容量は540MBとなり現在と異なります(AppleがCD-ROMドライブを搭載したのは1992年のMacintosh IIviから)。

わたくし、この時期は完全にパソコンとはほど遠い生活をしておりましたので、FM TOWNSはTV CMぐらいでしか知りませんでした...しかし、これほどとは...う〜〜〜〜ん...凄い(ビックリ)...

その凄さは古河建純氏が運営されている「古河建純 インターネットBlog」にてご確認ください。当時の氏が率いていた開発チームの凄さがわかります。

当Blog-次へ 〜その1〜

CNET Japan-タイムライン--アップル30年の軌跡

社団法人 情報処理学会-誕生と発展の歴史

http://ja.wikipedia.org/wiki/パーソナルコンピュータ史

Wikipedia-NeXT

Wikipedia-PC-9800シリーズ

Wikipedia-FM TOWNS

Wikipedia-ダイナブック

当Blog-WWWが生まれたのは

Furniture

Appliances

Windows XP OEM

Apple Store 1%ローン

Sony Digital一眼レフα100 Debut

600GB HDDハイビジョンレコーダー

ブロードバンドプロバイダ料金比較

ANAの旅行総合サイト【ATOUR】エーツアー

hhstyle.com


posted by 賀川和之 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Technology | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック