2006年07月14日

iMac G5ユーザに捧げる熱い吐息

いつもAppleに苦言ばっかりを書いているBlogに思われるでしょうが(汗)...
05imac_hero_450.jpg


わたくしのMacに対する愛のハートは誰にも負けないぐらい熱くたぎっているのですよぉっっっっ(目に炎)!!

そして...我が家のiMac G5 17" 1.6GHzも...熱くたぎっているのですよぉっっっっ!!もちろん筐体内温度がぁっっっっっっっ(号泣&いつもCPUは60℃台)!!夏場は熱い吐息をムンムン吐き出す小型暖房機に変身ですよぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっ(大脂汗&涙)...

さて...実はここ数日我が家のiMac G5は三度目の入院をしておりました(汗)...最初の修理は液晶に大きめの黒い影状のモノが上部端と左右両端に現れたので、それを治して頂いたのですが当初は全く気が付いておらず、ある日PhotoshopやIllustratorを使用しているとある場所で「あれ??この色って、ここの部分だけ彩度落としてたっけ??」といったことがあり、その時に初めて液晶の状態に気が付いたのです(汗)。試しにデスクトップを全面ホワイトに変更してみると...ありゃりゃりゃ(汗)...まるでレントゲンに映し出された病原の影の様なものが(大脂汗)...

iMac-G5_01.jpg

(写真では影が薄く見えますが肉眼では結構濃いです)

「ああ...これは液晶パネルのバックライトとやらが切れかけているのかも...」と勝手に思い込んだわたくしは早速Appleコールセンター0070-800-27753-1(0070-800-Apple-1)に連絡を入れましたところ早速修理の手配をして頂けるとのこと(安堵)...

コールセンター「iMac G5の元箱はお持ちでしょうか??」

わたくし「すみませんが箱を用意して頂けますか??」

コールセンター「かしこまりました。こちらで用意させて頂きます。本体と電源ケーブルだけお引き渡しください。あと増設メモリ等が御座いましたら大変お手数ですがお取り外しをお願い致します。他にも何か症状が出ておりませんか??」

わたくし「そうですねぇ...たまに再起動すると廃熱ファンが全開で回り出す時がありまして、その時は再起動に少々時間がかかりますねぇ(笑)...」

コールセンター「えっ!?ファンが全開で回る時があるのですか!?」

わたくし「はい、左様で御座います。」

コールセンター「かしこまりました...もしこちらで他の不具合が確認された場合はその部分に関して修理交換をさせて頂いても宜しいでしょうか??」

わたくし「あっ...はい...悪いところがあればお願い致します(汗)...」

その数日後に福山通運さんが引き取りに来られたのですが、箱が用意されていない(大脂汗)...致し方なく、その場で指示されていたiMac G5本体と電源ケーブルだけを引き渡す(大脂汗×2)...

さて、いつものごとく中一日だけで修理から帰ってくる。早速修理報告書の修理内容を確認してみると一番最初に「ロジックポード」二番目に「パワーサブライ」そして、一番最後に修理をお願いしていた液晶パネルにあたる「LCDディスプレイ/ベゼル」の記載がありました(汗)...

「えっ!?なぜにロジックポード(汗)??」思わず口にしてしまいました...確かにファンが再起動時に唐突に全開で回ることはありましたがiMac G5リペアエクステンションプログラムのシリアルナンバーには当てはまっていなかったですし、メモリを外す際も例のコンデンサの上部も膨らんではいませんでした。それだけにロジックボードの交換は良く理解出来ませんでした。

とりあえずテスト起動してみようと電源ケーブルを箱から取り出すと...なんとコードが油汚れで真っ黒け(硬直)...拭き取ろうとしても拭き取れない(涙)...とにかくここはテスト起動をしなければと気を取り直して電源を投入してみると...「あり??この液晶...本当に修理したの(大脂汗)??...」ほとんど症状が改善されていませんでした(涙)...

とにかくAppleコールセンターへ確認の電話をかけてみました。

わたくし「先日お願いしていたiMac G5の修理が帰って来たのですがお願いしていた液晶パネルの症状が改善されていない様なのですが...あと一緒に送った電源ケーブルが油汚れでコードが真っ黒になっているのです...」

コールセンター「申し訳御座いません。電源ケーブルはすぐに手配をかけたいと思います。液晶に関してですが全く改善されていませんか??」

わたくし「改善されてませんねぇ(大脂汗)...」

その後のやり取りで、なぜ液晶パネル自体を交換したのかも質問をしてみました。答えは簡単でした「iMac G5の液晶パネルはバックライトと一体になっているため、バックライトの不具合が予想されると、どうしても液晶パネルを丸々交換することになってしまう」と言われました。

どちらにせよ、もう一度修理に出して確認して頂くことになった。修理の引き取りは数日後になるため、その間だけでも仕事の処理が出来る様にメモリを増設しようとiMac G5をうつ伏せに寝かせました。するとロジックボードを交換したためにMacアドレスが変わったのでセロハンテープでアームの底面に新しいMacアドレスがペロンと情けなく貼付けてありました(汗)...そして、裏蓋を開けようとしたその時...裏蓋左側に大きな傷が最上部から本体の半分以上に渡って付いているのを発見しました(大脂汗)...ピックアップ時に収納箱がなかったのが原因でしょうか(汗)??...

apple380.jpg

(この写真は全く関係ありませんよ[汗&笑]...)

直ぐさま再びコールセンターに連絡を入れたのは言うまでもありません(涙)...

それから数日後、再び中一日で修理から帰って来たiMac G5。今度の修理報告書の修理内容はインバーター、電源コード、パックカバーとなっています。インパーターはどうやら液晶パネルの絡みで交換した様子です。電源ケーブルも今回は前よりはマシなモノが送られて来ました(新品ではありませんでしたが...)。本体裏蓋は同然のごとく新品です(笑)。

さて、肝心の液晶パネルはというと...あまり改善されていない様な(大脂汗)...しかも...良く見てみると数個が一カ所に集まった大きなドット欠けがぁ(超脂汗)...しかも他にも小さいのが数カ所ぉ(超脂汗×2)...

その後、コールセンターと掛け合いましたが改善がほとんど出来ていないことも、修理を受けた上でドット欠けがある液晶パネルになってしまったことも全く対応して頂けませんでした...ただ一言...「そのドット欠けの個数は許容範囲内です。」...

後日あきらめきれずに近所のNCRまで懸命に担いで持って行きましたが対応は同じ(号泣)...

もう、仕事もあるので諦めました(号泣)...なんと修理に出してさらに悪くなって帰ってくる...Appleはなんというメーカーなんだろう...本当にそう思いました...

以前所有していたiBook Dual USBでは11回修理に出し挙げ句の果てに購入から一年後にリペアエクステンションプログラム対象になるという散々な目にあっているので皮肉なことに既にAppleのこういった対応には慣れっこでした(涙)...

iBook dual usb.jpg

(iBook Dual USB。美しかったですねぇ...筐体の材質も手垢で汚れにくかったし[笑]...)

そして、その2回にわたる修理から約3ヶ月を迎えようとしていたここ最近の事...あの液晶パネルの影がまたしても濃くなって来たのです...

iMac G5_02.JPG


そして、既に年間保証切れになっているのを承知の上で前回の修理対応箇所と同じ部分の修理対応は修理日から90日間対応して頂けるということなので門前払いを覚悟で連絡を入れたところ、あっさりと修理対応して頂けることに(笑)...常にソフトな対応を心がけているのが良い方向に働いたのでしょうか(汗&笑)??ただし今回は念入りに確認を取るので10日ほどお預かりするかもしれないとのこと(汗)...

さて、今回もメモリを外して引き渡すことになっていましたのでメモリの取り外しを行ないました。その時ふと気が付いたのです...「あれ!?液晶パネルの影の部分の形状と廃熱ダクトの形状って同じ様な気が...いや...やっぱりこれは同じ形で出てるぞ(ビックリ)...よく考えたら左右の影の部分も光学ドライブ周辺とHDD周辺の位置に出ているなぁ(汗)...」もしかするとこれは内部の熱源が原因なのかもしれません(汗)。

iMac_g5_05.jpg


そんな事に気が付いた翌日ピックアップに無事預け、「まあ、当分iBook G4メインで仕事かぁ...」と思っていましたら...なんと中一日で帰って来ました(爆)。「10日ほどお預かり致します」と言われた、あの言葉は一体なんだったのでしょうか??(汗)...

iMac G5_03.jpg

(今回ベゼルの保護シートが張ったまま送られて来たのであえてそのままにしました[汗&笑]...)

今回の修理内容は「LCDディスプレイ/ベゼル」「ロジックボード」「スーパードライブ」(超脂汗)...またしてもロジックボードですかぁ!?さらに今回はスーバードライブまで(涙)...しかし、今回は液晶パネルがだいぶん改善されている様です(しかも今のところドット欠け無し[感動の涙]...)。暫く利用してみないと何とも言いがたいですが先日までとは大違いなのは確かです(笑)。しかし...熱源の件がビンゴだとまた数ヶ月で同じ症状が出ることになります(涙)...

iMac G5_04.jpg

(保護シートをピンと張りつめれば「なんちゃってクリアワイドスクリーン」[爆]...)

しかし...これまでの3回の修理で我が家のiMac G5はキーボードとマウスとHDD以外全て別物に変わってしまいました...この修理にかけたAppleのコストって...新品1台分以上の様な気が(爆)...

実はキーボードもこの一年で調子が悪いんですよねぇ...Appleさん...顧客の投資が有効になる様に、もう少し丈夫な商品を作って下さい(涙)...「design」とは形状が一番の代表かもしれませんが、耐久性、使い勝手、全てに渡り完成されてこそ初めて「design」と呼べると思うのですよ(言われなくてもご理解されているとは思いますが[汗&笑])...

iMac G5ユーザの方々、現在の愛機の調子は如何ですか??多くのModelが既に保証期間を過ぎようとしてしていると思われますが、もし現在少しでも気になることがあれば早い目早い目の対応をお勧め致します。この記事が多少なりともiMac G5ユーザの方々の参考になれば幸いです(笑)。

Retro@Diary 〜Rev.B〜-これが究極の「iMacG5の強制空冷」

PC Watch-アップル、iMac G5に画面と電源の不具合

Apple Discusson Boards-iMac G5

Legit Reviews-The Apple iMAC G5 Case Cooling Mod

PC Watch-3つの温度管理エリアでファンを低速回転させるiMac G5

Macin' Blog-MacBookで目玉焼き!?

当Blog-地球が何を求めているのか

当Blog-あっ...熱い...

kitchen
icon

tableware

Windows XP OEM

320GB 3.5" Serial ATA ¥9,500


Apple Store 1%ローン

Sony Digital一眼レフα100 Debut

600GB HDDハイビジョンレコーダー

ブロードバンドプロバイダ料金比較

ANAの旅行総合サイト【ATOUR】エーツアー

hhstyle.com




posted by 賀川和之 at 03:12| Comment(6) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、TGと申します。
私もバリバリのマカーでございます。この度はさんざんな目にお遭いになったようで、その無念さお察しします。
私も修理では箱につめないでとAppleにいわれそのままで福山を待ってたら箱を持たずドライバーが来まして。をいをいそんな汚れた手(福山さんを侮辱する意味ではありません、頑張って汚れた手尊敬してます)で平然とはいって手を差し出されてもわたしにくいったら、、、(汗
友人はPowerBookのヒンジのキシみで修理に出したら液晶に問題があり勝手に保証内で直しましたと戻ってきたらドット抜けが1つ、、、。勝手に直したんだからドット抜けはないっすよね〜、、、。サポートで門前払いだったそうです。
こういった問題よく耳にします。あまりに人ごとではないのでコメントさせていただきました。
こんな目に会われて尚大らかなご対応、その寛大さに頭が下がります。
それにしてもAppleの対応はちょっと問題ですね。
Posted by TG at 2006年07月14日 17:36
まるで、本が1冊書けそうな出来事ですね。
先日のエントリーの内容も納得しました。
次の入院がないように片隅からお祈りしています。
ちなみに、職場のiMac G5は元気に働いてくれています。
Posted by Sumac at 2006年07月14日 17:58
元気でなによりです。
Posted by TG at 2006年07月14日 18:49
おばんです!
これが「噂のiMacG5」ですか。
そうとう痛い目に遭ってますね...
ご心中をお察しします。

一体型の宿命と言いましょうか...
ロジックボード及びハードと液晶の接地があまりにも近すぎるので、熱の影響をモロに受けてしまうのでしょうね...

オイラのiMacG5も液晶の向かって左側が黒っぽくなってきました...
買って半年ぐらいからなんですけど。

前から色々調べてはみましたが、リペアで戻ってきたMacに「傷が付いていた」とか「電源すら入らない」といった理由で再びリペアへ行ってしまうという事案が結構ある様です。

オイラのiMacG5のコンデンサーは多少膨らんでいるのですが、サポートに連絡しても「具体的な現象が出ないと該当機種でも引き取る事は出来ません...」
などと言われてしまいました。

でもリペアに出しても、戻ってきたiMacが前より酷い状態になって返って来るのでは?という怖さから未だにリペアには出せません...

macuserさんのiMacG5が今度こそ、快調に動いてくれる事を切に願っています。

TBありがとうございました!!!
Posted by retro at 2006年07月14日 22:01
G5に熱の問題はどうしても着いて廻るようですね(^^;)
iMacの形はとても好きなので、お金があったらMac mini買わずにiMac買ってたと思いますが、ビンボーでよかったと思えました(爆)
Intel iMacで、次期Merom搭載タイプあたりならグッと改善されてそうですが、その頃にはさらに薄くなっててやっぱり液晶黒くなってたりして(苦笑)
Posted by みっちー at 2006年07月14日 23:53
TGさん>
はじめまして(笑)!!
大変ご丁寧なお言葉ありがとう御座います(感謝)。
やっぱり液晶は同じ様な方がおられたのですね(涙)...
いつもAppleのアンケートには協力してサポートの改善
はどこを改善すれば良いですか??みたいなことが
書かれていると懇切丁寧に書いているのですが、
やはり組織という集団はそう簡単には良くなりません
ね(汗&笑)...「Macは好きだけどAppleは嫌い...」
そんなユーザが増えない様に願っているのですが(涙)...


Sumacさん>
御見舞いのお言葉ありがとう御座います(感動の涙)!!
確か日本が一冊書けるかもしれませんね(爆)...
職場のiMac G5可愛がってあげて下さい(笑)。


retoroさん>
retoroさんの記事を拝見しなければこんな告白めいた
事を書くことはなかったと思います(汗&笑)...
retoroさんの恐怖心...痛いほど分かります(号泣)...
本当にMacとiPodがなければAppleってユーザから
どんな扱いを受けているか判らないところがあります
からねぇ(汗)...retoroさん、気が引けるでしょうが
リペアの件は粘りまくりましょう!!
御見舞いのお言葉ありがとう御座いました(笑)!!


みっちーさん>
わたくしも次の機種はMac miniかPowerMac(Mac Pro??)
しかないのか??とおもっております(汗)...
PowerMacになると、また以前に逆戻りです...
せっかく小スペースなのに...
Mac miniではDTPの時にグラフィックチップが心配(汗)...
もう、次期iMac登場まで我慢ですかね(汗&笑)...
Meromは廃熱量が少ないのですか??それだったら
素晴らしい!!筐体変えずにCPUだけ変えて欲しいで
すね(笑)!!
Posted by macuser at 2006年07月15日 02:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

これが究極の「iMacG5の強制空冷」
Excerpt: Legit ReviewsというWebサイトでiMacG5の筐体の裏に穴を開けて、ファンを取り付けた方の画像が公開されています。 オイラも去年この様な事考えましたが、ここまでする勇気はありませんでし..
Weblog: Retro@Diary 〜Rev.B〜
Tracked: 2006-07-14 21:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。