2006年09月23日

彼女はまっすぐに私の方に歩いてきて

私の個人的領域に入り込んだ...
ipod_phones.jpg


記事としては既に3年前にHotWired Japanに掲載された内容ですので以前に読まれた方々も多いでしょう「静かなブーム:道端で『iPod』を共有するユーザーたち」の書き出し部分です。

記事の続きはこう書かれています。"...と、クランダル氏はさも驚いたとばかりに話した。「面食らったよ。彼女は自分のiPodからイヤホンを抜き、目で自分のiPodのジャックへと誘導した」用心しつつイヤホンのプラグを抜き、女性のiPodのジャックに差し込むと、クランダル氏の耳にはテクノサウンドが流れ込んだ。「30秒ほど、互いの音楽に聴き入った」とクランダル氏。「言葉は一言も交わさなかった。それから会釈を交わして歩き去った」"

これって最近よく聞く内容とよく似ていますよねぇ...そうZuneのWi-Fi音楽共有機能です...GIZMODO Japanに掲載されている記事”「iPodはデジタルオーディオ界のPong」:マイクロソフトのジェイ・アラード副社長インタビュー”ではこの共有機能に関して書かれています。

GIZMODO JapanにはWi-Fiを利用している際の電源容量に関しても書かれており、容量を活かして行く為に「2種類のパワーモードを用意している」と掲載されています。まず一つが「このへんにいるよ」というだけのビーコンモード、そしてもう一つが、もっと電力を使うけど「なんかおもしろいことしたいな。音楽や写真を共有しようよ」というモード(具体的な名称は無い様です[笑]...)、ということだそうです。

Zune_01.jpg


そもそもMicrosoftさんがHotWiredの記事を読まれたかどうかは分かりませんが、iPodから生まれたこの音楽共有文化。是非Appleさんの方でも実現させて頂きたいのです(笑)。iTunes StoreのiMixなどで不特定多数のユーザに対して自身の音楽を認知しあうサービスも既にありますが、実際の肉体を伴うコミュニケーションは感動の度合いがまた違うはずです(笑)。

初めのHotWired Japanの記事には続きがあります。”それから数日以内に、クランダル氏は、いつも散歩の途中ですれ違う4〜5人のiPodユーザーと、iPod交換儀式を行なった。" "「とても奇妙な感じだ」とクランダル氏は言う。「まるで、誰かのために自分がDJになったような気分だ……自分が聴いている音楽に合わせて人が踊る姿を見るのは、とてもうれしい。他人が自分の音楽を気に入ってくれると最高の気分になる。私の趣味はかなり風変わりだからね」”

”「彼女はいつも、テクノとかトランスとか、その類の音楽を聴いている」とクランダル氏。「そういう音楽には全く縁がなかった。誰かが手引きをしてくれなければ、絶対に聴くことがなかった音楽だと思う……面白い話だ。興味がわいてきて、多分CDを5〜6枚は買ったと思う。まるで新しいラジオ局を見つけたような気分だ」実際、クランダル氏は、紙とペンを持ち歩き、気に入った曲のタイトルをメモするようになった。他の人も皆、同じことをしているという。”

新しい音楽に出逢う事は、まるで新しい風景や素晴らしい小説、文面、design、絵画に出逢う事に等しいと思います。もしこれをMicrosoftさんがZuneで狙っているのなら本当に素晴らしい体験を提供することになるのかもしれません(どこまで技術的にスムーズに実現出来ているかどうかが大きいですが)。

ここはAppleさん、いつもの絶妙なスパイスを利かせて実現しましょう。あっ、これプレッシャーに取らないで下さいね(汗&爆)...

最後にHotWired Japanの同記事から”iPodユーザーが互いのライブラリーにある音楽をワイヤレスで聴けるようにするというアイデアは、iPodラウンジなどの各サイト上に無数のフォーラムを生み出し、熱のこもった意見交換が行なわれている。”

”たとえば、イギリスのテクノロジー・ニュースサイト『ザ・レジスター』の中でアンドルー・オーロウスキー氏は、iPodを個人のミニ・ラジオ局にすれば「革命的」だと何度も提案してきた。” 

”ワイヤレスで受け取ったファイルがオンラインで自動的に検索されるようにしようと提案する人もいる。ユーザーがiPodをメインのコンピューターにつなげば、アップル社の『iTunes(アイチューンズ)ミュージックストア』に接続され、路上で耳にした曲をダウンロードして購入するかどうかを選択できるという仕組みだ。”

既に数年前から皆さんワイヤレスにご執心だったんですねぇ。わたくしも当時読んでいながら忘れていましたよ(笑)。

Hot Wired Japan-静かなブーム:道端で『iPod』を共有するユーザーたち

GIZMODO Japan-「iPodはデジタルオーディオ界のPong」:マイクロソフトのジェイ・アラード副社長インタビュー

当Blog-近未来iPod私的身勝手妄想考察

furniture

appliances

Noise Canseling Headphone HN700

BOSE Quiet Comfort 2

Bose Micro Music Monitor M3

Nikon D80icon

Sony α100

W2306C 23" Wide液晶TV

2407WFP 24" Wide液晶モニタ

ブロードバンドプロバイダ料金比較

ANAの旅行総合サイト【ATOUR】エーツアー

hhstyle.com

Apple Store(Japan)





posted by 賀川和之 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
非常に、面白く拝読させていただきました。
見知らぬ人と、声も交わさず、イヤフォンのコネクタを交換し合うって・・・、ちょっと良いですね。
名刺代わりに、iPodの音楽を交換(その場だけで著作権には触れずに;;;;)するって、なんだか近未来的だ〜♪
Posted by iPod Style Navi at 2006年09月24日 11:40
ステキですが、わたくしはかなり勇気いりますね(汗&笑)...

そうっすよねぇ、名刺代わりに音楽を交換...著作権さえ
クリア出来れば非常にステキで素晴らしいアイデアですね(笑)!!
Posted by +.k代表(プラスドットケイ代表)=the blogger formerly known as macuser[修正済] at 2006年09月25日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。