2006年11月06日

2006.11.06. News

今日のiPod
06nanosilver_front_400.jpg


NBonline「iPod nanoの部品コストは1年で17.73ドル低下 メモリー・メーカーにとってアップルの魅力は薄らぐ」

"アップルは、この1年でiPod nanoの搭載メモリー容量を倍にして部品コストを80%に抑えたことになる。しかし、NAND型フラッシュ・メモリー価格のこの1年の下落幅からすると、17.73ドルのコスト削減は大きいとは言えない。"

"メモリー以外の部品コストを考慮すればアップルが市場価格よりメモリーを安く調達したとはいえ、2005年9月の初代iPod nano登場時ほど圧倒的なコスト削減にはならなかった。"

"2006年前半のNAND型フラッシュ・メモリーの価格暴落は、アップルの生産の波の影響で起きたと言っても過言ではない。これに懲りたNAND型フラッシュ・メモリー・メーカーは、発注量が多いからといってむやみに値下げしてアップルに供給することはなくなった。そのため、2006年はアップルの調達価格が安くならなかったのだ。"

06shuffle_top_400.jpg


以上。NBonline「iPod nanoの部品コストは1年で17.73ドル低下 メモリー・メーカーにとってアップルの魅力は薄らぐ」より抜粋。

少々辛口な記事内容...この記事を読んでいる限り、これまでのAppleの行動の結果によって引き起こされた出来事がフラッシュメモリ・メーカーの警戒心を呼んでしまった様子。やはり生産量、販売高共に莫大なだけに良い意味でも悪い意味でもAppleの行動は業界全体に大きな影響を与えてしまっているのですねぇ(冷汗)...こうやって考えると常にパートナー企業から良い対応があるとは限らないのが良く分かりますね。なかなか難しいなぁ(汗)...Appleは次期Modelまでにパートナー企業との価格交渉を成功させないと今後の価格競争力で厳しい立場に晒されそうですね...



NBonline-iPod nanoの部品コストは1年で17.73ドル低下 メモリー・メーカーにとってアップルの魅力は薄らぐ

silvervine の定点観測所- AppleInsider: Apple の 4GB iPod nano の予測原価は $72 (更新済)

Apple Store Special Deals

peripheral

Century Direct

memory

BOSE Quiet Comfort 2

Bose Micro Music Monitor M3

Nikon D80icon

Sony α100

ブロードバンドプロバイダ料金比較


posted by 賀川和之 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。