2007年09月17日

KSTS SAN JOSE

にて放送された
mac-128k-case_400.jpg

(クリックすると大きな写真が表示されます)

1984年1月24日の画像、つまり初代Macintoshが登場したお馴染みのあの講演です。しかし、今回違うのはその当時放送された内容のフルバージョンです。時間にして約1時間25分。さあ、時間の許すうちにじっくり見ましょう(笑)。


(当時、掲載していましたStage6のビデオはStage6が閉鎖された事で再生出来ない状態でした。そこでYouTube上にアップされていた動画を代わりに貼っておきました。時間は若干短く1時間22分56秒です。150213追記)

見ていて初めて分かったのですが、今まで見知っていたあの講演の内容が実は大幅にカットされていた画像だったこと、そして、今までそれぞれバラバラに見た事があったMacintosh開発チームなどの画像が実は当時あの講演の中で紹介された内容だったという事です。(あと細かい部分ですがJohn Sculley氏が財務報告をしっかりとバランスシートで分かりやすく報告していた部分でしょうか...現在のAppleはこのあたりを省略し過ぎて純粋な経営努力が判断出来る営業利益などが分からないですから[汗]...)

macintosh-128k_back.jpg


しかし、音声と写真のみでしたがBill Gates氏まで登場していたとは知りませんでした(笑)。そして、一番最後の場面で登場したかつてダイナミック・デュオと呼ばれたSteve Jobs氏とJohn Sculley氏のツーショットが非常に印象的です。この約1年8ヶ月後に二人が袂を分かつ事になるとはこの時居合わせた方々の中で一体誰が想像出来たことでしょうか(汗)。

sculley&jobs.jpg


最後に少し疑問が...最初にSteve Jobs氏の後にお話しされていた若き総帥にアルと呼ばれていた大柄なおじ様はどなた様なのでしょうか(汗&笑)??(150213追記 アルとJobsに呼ばれていた人物は間違っているかもしれないが、当時のAppleの顧問弁護士アル・アイゼンスタットかもしれない)

アップル-新潟県中越沖地震の被害を受けられましたお客様へ 特別修理サービスのご案内・熊本県梅雨前線に伴う大雨による被害地域の被害を受けられましたお客様へ 特別修理サービスのご案内

マイコミジャーナル-24日に20周年を迎えるMac、「1984」を振り返るイベント開催

MACテクノロジー研究所-初期Macintosh におけるバックパネル内面サインの考察

MACテクノロジー研究所-Macintosh 128KとPlusのケース内部サイン事情最終章

GiGAZiNE-初代マッキントッシュのマニュアル

Wired Vision-1984年の『Macユーザーマニュアル』:デザインセンスは不変

The Vintage Mac Museum-Macintosh 誕生と歴史

@nifty:デジタル用語辞典-John Sculley

http://ja.wikipedia.org/wiki/1984年

当Blog-はじまり

当Blog-今日は風邪をひいたので


posted by 賀川和之 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。