2008年01月27日

”とある”ユーザの思考回路とポータブル人生の憂鬱

Mac購入のタイミングは
ryan_dead_powerbook_300.jpg

(写真はLaughing Squidより拝借)

ある意味「婚期」にも似た様な部分がある。これは”とある”ユーザの長年に渡る思考回路とその憂鬱を文章化したものだ。

■Macintosh Portableが発表された

とうとうMacintoshが持ち運べる!!しかし...99万8千円はとてもじゃないが買えないし、なにより...デカイ!!Outbound Laptopの方が小さい...


(1989年発表Macintosh Portable


■PowerBook 100が発表された

Macintosh Portableの価格の約1/3!!なにより小さい!!そして、キーボードの手前にパームレストも兼任しながらトラックボールが設置されている!!これは革命だ!!けど...もう少ししたら、さらに良いのが出るかも...

PowerBook-100.jpg

(写真は1991年発表PowerBook 100PathFineder Techより拝借)

■PowerBook 165cが発表された

初めてPowerBookがカラーになった!!CPUも68030!!しかし、モニターがFSTN液晶...そして、なにより高い...

PowerBook-165c.jpg

(写真は1993年発表PowerBook 165c。Appleウィキより拝借)

■PowerBook Duo 210が発表された

軽い!!持ち歩ける!!Duo Dockがあればデスクトップにもなるなんて凄い!!でも...Dockが無いと拡張出来ない...さらに高い...


(1993年発表PowerBook Duo 210


■PowerBook 520cが発表された

デザインが変わった!!CPUが68LC040になった!!トラックパッドが採用された!!だけど近々PowerPCが搭載されるらしいから、それまで待とう...

PowerBook-520c.jpg

(写真は1994年発表PowerBook 520c。Appleウィキより拝借)

■PowerBook 5300cが発表された

PowerPCが搭載された!!しかし、ちょっと待て!!CD-ROMが搭載されたPowerBookが出るまで待つんだ!!

PowerBook-5300c.jpg

(写真は1995年発表PowerBook 5300c。Appleウィキより拝借)

■PowerBook 1400cが発表された

CD-ROMが搭載された!!しかし、3kgとは...おっ、重い...もっと軽いPowerBookが出るまで待とう...

PowerBook1400c.jpg

(写真は1996年発表PowerBook 1400c。PC Watchより拝借)

■PowerBook 2400cが発表された

かっ、軽い!!しかし、高い...せめて第三世代Power PCが搭載されるまで待とう!!

PowerBook-2400c.jpg

(写真は1997年発表PowerBook 2400c。Appleウィキより拝借)

■PowerBook G3(Wall Street)が発表された

かっ、かっこいい!!とうとう"c"の表記が無くなった!!しかし、ちょっ、ちょっと待て!!明らかに3.54kgは重いぞ!!それにFireWireも搭載されるかも...

PowerBook-G3_WallStreet.jpg

(写真は1998年発表PowerBook G3。Appleウィキより拝借)


■iBook(Clamshell)が発表された

とうとうコンシューマ向けが出た!!なんと無線LANまで搭載している!!美しい!!でも...重い...解像度が低い...


(1999年発表iBook(Clamshell)

■PowerBook G4(Ti)が発表された

うっ、美しい!!さらに薄い!!かっ、完璧だ!!しかし、2.4kg...せめてCD-Rが搭載されるまで...


(2001年発表PowerBook G4

■iBook Dual USBが発表された

iBookがやっと小さくなった!!解像度もXGAになった!!何より安い!!少ししてから14インチモデル(2002年)も出た...でも、解像度が12"と一緒...どちらも重い...やっぱり重いのはちょっと...


(2001年発表iBook Dual USB 12"

■PowerBook G4 12"&17"が発表された

PowerBook G4の筐体素材がチタンからアルミに変わった...何故だ??...冗談の様な17インチモデルが登場した!!一緒にAirMacが802.11gになった!!暗闇でもタイピング出来るアンビエントセンサーはCoolだ!!でも...3.09kgは重い...そして、12インチモデルも登場した!!しかし、2kgを切っていない...アンビエントセンサーが12インチモデルには搭載されていない...


(2003年発表PowerBook G4 12"PowerBook G4 17"

■iBook G4が発表された

iBookのCPUがG4になった!!しかし、筐体デザインが一緒でOpaque Whiteに統一されてコストダウンされてしまった...さらに凄い汚れやすい...っで、PowerBook G4 12インチモデルの存在意義はどうなる??

ibook_g4_01.jpg

(2003年発表iBook G4

■MacBook Proが発表された

とうとう名称が変わった!!さらにCPUがIntelになった!!でも2.45kg...FireWire 800も搭載されていない...とにかく様子見だ...
(MacBook ProにはFireWire 800が未搭載だったことをご指摘を頂き修正致しました。デジイチさんありがとう御座いました[感謝]。)

macbookpro_flyby_j.jpg

(2006年発表MacBook Pro

■MacBookが発表された

iBookも名称が変わってCPUもIntelに変わった...えっ!?2.27kg!?背負って歩くと、ぎっ、ギックリ腰になるかも...

macbook_both.jpg

(2006年発表MacBook

■MacBook Airが発表された

1.36kg!!Apple史上最軽量!!でもメモリが2GB固定...HDDが80GB...価格も高い...あっ、あともう少し待とう...あともう少し待っていれば!!


(2008年発表MacBook Air

■Infinite Loop...

infinite-loop_Apple.jpg

(写真はInfinite Loopと書かれたApple本社のモノ。これがAppleユーザの心理を象徴しているのかどうかは分からない[爆]...Melamorsicataより拝借、写真はクリックすると大きく表示されます)

しかし、この方は一体いつになればノート型Macを手に入れるのだろうか??心の中にある枠組みの無限ループの中からいつになれば飛び出すことが出来るのだろう(超冷汗)??...

人間は無意識に現在の状態を保とうとする「本能」がある。だから、確かにこういった感情に囚われることがよくあるのが人間というモノなのかもしれないし、それは理性と本能の間に存在する「葛藤」なのだ。「次こそ、次こそ、次こそ...」ユーザの心にあるこういった心理と常に戦っているのがAppleやその他の企業なのだろう(笑)。

この方には素晴らしいApple人生(Apple信者人生[汗]??)を送って頂く為にも是非コーチングを受けて頂きたいものだ(笑)。念のために書いておくがここに書かれているユーザはわたくしの事では無いのでご理解のほど宜しくお願い致します(爆)。

参考リンク
Appleウィキ

Mactracker

当Blog-Steve Jobsの暴走

アップル-新潟県中越沖地震の被害を受けられましたお客様へ 特別修理サービスのご案内・熊本県梅雨前線に伴う大雨による被害地域の被害を受けられましたお客様へ 特別修理サービスのご案内

アフェリエイト・リンク


iPod touchを持て!街へ出よ!(アフェリエイト・リンク)
Apple Store(Japan)

FONでiPod touchのアクセスポイントを増やそう(アフェリエイト・リンク)


Apple Storeで整備済製品をチェック(アフェリエイト・リンク)
Apple Store(Japan)

ブロードバンドプロバイダ料金比較(アフェリエイト・リンク)


posted by 賀川和之 at 14:48| Comment(5) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふっふっふ。見事な心理描写件、Macのポータブル機器のれきしでありますな。
私はPowerBook170(確か75万円!!)を買って以来しばらくMacからはなれご無沙汰していたら、すでにiBookになっていましたよ。。

MacBook Air見送りとして次期MacBook Proに期待しています。
Posted by dback51 at 2008年01月28日 02:08
こんにちは!
いやー懐かしいですね。ポータブルMacの歴史を自分のMac人生に置き換えて楽しく拝見ししました(笑)ただ、MacBook Proで省略されたのはFireWire 800で、FireWire 400は付いていますよ。
Posted by kensei@デジイチ最新情報! at 2008年01月28日 11:52
初めまして
とても楽しく読まさせていただきました。
初めての個人Macに165cを本気で買おうと思ってた頃が懐かしいです。
2400cと比べたら
MacBookAirなんて安いもんだな
と思えてもしまったり(^^;)

おそらく小さくて軽いのがいいと言ってるけど結局は
速くて軽くて小さくて、長時間使えてメモリもHDもたくさん
キーボードもタイプしやすくて丈夫で安くてタッチパネルで...
みたいに全部入りを望んじゃうから永遠に続きそうですね
Posted by komu at 2008年01月28日 23:17
何だか不思議な感覚.
まるで自分の思考回路を覗いているようですよぉ〜.
みんな同じようなこと考えてるんですかねぇ?
次から次へと新しいポータブルを買う財力なんてないもの...
どうにかして理由をつけなきゃやってられまへん.
Posted by Double KO at 2008年01月29日 02:10
皆様大変遅くなりまして申し訳御座いません(汗&謝)。
そして、コメントを下さって本当にありがとう御座います(感謝)。

>dback51さん
>ふっふっふ。見事な心理描写件、Macのポータブル機器のれきしでありますな。

dback51さんの記事をいつも褒めてしまう自分ですが、
反対に褒められてしまうとくすぐったくて嬉しくもあります(感謝)。

そして、正しくAppleポータブル製品の歴史ここにあり!!
ですねぇ(笑)。

>私はPowerBook170(確か75万円!!)を買って以来しばらくMacからはなれご無沙汰していたら、すでにiBookになっていましたよ。。

凄いっっっっ!!ブルジョアだぁっっっっっ(ビックリ)!!
iBookが登場するまでPowerBook 170を愛用され続けたとは...
素晴らしいお話です(笑)。

>MacBook Air見送りとして次期MacBook Proに期待しています。

そうですよねぇ。MacBook Airが出たことで今後の
Appleノート製品がどの様な意図で展開するのか
見物になって来ましたねぇ(笑)。

次を求めている方は尚更でしょうねぇ(シミジミ)。


>kensei@デジイチ最新情報!さん
記事のご指摘ありがとう御座いました(多々感謝)。
わたくし一人では気が付かない部分もあることに
改めて気が付かされましたよ(シミジミ)。

そして、Apple Accentのゲストが女性でなくて
申し訳御座いませんでしたぁっっっっっ(謝&爆)!!

>いやー懐かしいですね。ポータブルMacの歴史を自分のMac人生に置き換えて楽しく拝見ししました(笑)

ご自分の人生に置き換えて頂けるなんて光栄で御座います(笑)。
この記事は自分に出来ることの一つだと思って
書かせて頂いたのですがその甲斐がありました(笑)。


>komuさん
こちらこそ初めまして。コメントは出来なかったのですが
以前kumoさんの記事を拝見したことがあります(笑)。

>とても楽しく読まさせていただきました。
初めての個人Macに165cを本気で買おうと思ってた頃が懐かしいです。

楽しんで頂けて本当に光栄です(感動)。
PowerBook 165cを購入されようとしたなんて
凄いブルジョアだったんですねぇっっっっ(ビックリ)!!

>2400cと比べたらMacBookAirなんて安いもんだなと思えてもしまったり(^^;)

うおっっっっっっ!!kumoさんに歴史有りですねぇ(笑)。
本当にあの頃を知っている方々からすれば
(あの頃の叩き売りMacを省いて)現在のApple製品は
驚くほどコストパフォーマンスが高いですよねぇ(シミジミ)。

>おそらく小さくて軽いのがいいと言ってるけど結局は
速くて軽くて小さくて、長時間使えてメモリもHDもたくさん
キーボードもタイプしやすくて丈夫で安くてタッチパネルで...
みたいに全部入りを望んじゃうから永遠に続きそうですね

kumoさんも見事にInfinite Loopの仲間に片足を
突っ込みかけていますねぇ(汗&笑)。
是非kumoさんもコーチング試してみましょう(笑)。


>DoubleKOさん
>何だか不思議な感覚.
まるで自分の思考回路を覗いているようですよぉ〜.
みんな同じようなこと考えてるんですかねぇ?

人間の脳の思考回路は大方において同じなのですよぉ〜(笑)。
だから本質的には人間に「バカ」はいないのですよぉ〜〜(笑)。

>次から次へと新しいポータブルを買う財力なんてないもの...
どうにかして理由をつけなきゃやってられまへん.

じゃぁ、一緒にお金持ちになりましょう(爆)。

「欲しい」に「理由を付ける」ということをどうして
行なってしまうのか??ご自身の思考回路を
辿ってみると良い答えが出るかもしれませんです(笑)。

その「理由」にDoubleKOさんだけが知る「答え」が
あるのかもしれませんですよぉ(笑)。
Posted by +.kだいひょう at 2008年01月30日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。