2008年02月22日

感動的な在り方

やっとさわる事が出来た。
MacWorld-Expo-2008_01.jpg

(写真はPC Watchより拝借)


最初の写真を見て頂いて分かる通りやっとMacBook Airにふれて来た(笑)。その感想はタイトル通り「感動的」なものだった(シミジミ)。

初めて実物のMacBook Airを開いた状態で正面から見ると平たくアルミ筐体のMacBookと感じた。正直見ているだけなら「美しく作られたパソコンだな...」「SharpのMuramasaを思い出すなぁ...」と連想するだけだったがMacBook Airを手に持った瞬間にその平たい連想は全て消し飛んでしまった。

sharp-murasame.jpg

(当時様々な賞を得たSharp Muramasa。写真はJIDAデザインミュージアム・ウェッブより拝借)

「かっ、軽いっっっっっ(感動×100)!!」あまりの軽さに感動しながらついつい思いっきりMacBook Airを持ち上げてしまい盗難防止用のチェーンが固定されている展示台を一緒に持ち上げてしまいそうになった(冷汗)。

macbook-air_front_400.jpg

(写真の著作はApple,Inc.に帰属致します)

展示機には様々なPOPが貼付けてあったためにMacBook Airを完全に閉じる事は出来なかったが手に取ってその薄さはより鮮明に感じ取る事が出来た(家電量販店のPOPは何とか出来ないのだろうか...誰が真剣に見ているのだろうか??)。さらに横からの眺めは計算しつくされた様にも感じるほど薄く、そして美しかった。

macbook-air_front_400.jpg

(写真の著作はApple,Inc.に帰属致します)

何より感心したのは電源ポタンのサイズ。MacBook Airの「在り方」が小さく感じられる様なサイズに創られている様に感じた。本当に思っていたよりも小さく創られていたのにはことのほか驚いた。

そして次に感心したのは右側に配された各ポートのベイ。このベイの開け閉めの感覚が非常に上手く創り込まれている。カチッとした印象に創り込まれており開け閉めの音が決して安っぽくないのだ。

以前某国営放送でブランディングの為の「商品から発生する音のデザイン」に関しての番組を見た事がある。そこでは自動車のドアの開閉音が車種のグレードによって違いが創り込まれており、もちろんアクセルを踏み込んだ際のエンジン音とハンドルや車内の振動に関してもデザインされている様子が映し出されていた。

それを見ていて「ブランドの体感デザイン=ブランディング=エクスペリエンス」はどこまでも追求する事が出来るのだと感心した(番組中ではスナック菓子を噛んだ時の音に関しても言及があった)。MacBook Airのポートベイの開閉音は正にそれに当てはまる仕上がりだった。

わたくしの嗜好に引っかかっただけなのだが、唯一キーボードだけが気にかかった。写真だけを見る限りではキーがただの黒なのかシースルーになっているのか良く分からなかったが現物を見た時にただの黒だったのを見て少々ガックリと来てしまった。

あと、キータッチがもう少し深くなって欲しいと感じてしまったことだ。あの筐体であれ以上深くするのは技術的には厳しいかもしれないがわたくしの体が素直にそう反応したのだからどうしようもない。まあ、この二点はあくまで個人の嗜好の問題だ(汗&笑)。

しかし、MacBook Airを見れば見るほど隣に展示されていたMacBookとMacBook Proが霞んで見えてしまった。これでわたくしもApple retail Store福岡天神店MacBook Air購入者第一号のBittenさんと同じ境地に立てたという事だろうか(笑)。

今回わたくしは一つだけ強く誓った事がある。もうMacBook Airには触らないという事だ。何故かって??これ以上触れると欲しくなるからに決まっているっっっ!!経済的打撃を考慮するとそれはあまりにも危険だっっっっっ(爆)!!

話は少々変わって、先日Double KOさんのMacin' BlogでMacBook Airの製造コストがまだまだ圧縮出来る可能性があるという記事を紹介されていたが、今後MacBook Airの製造コストが引下げられるとして販売価格に反映させてくれるかどうかは分からないと思う(わたくしは下げてくれると嬉しいが)。根拠はMacBook Airがプレミアム戦略のリトマス試験紙ならば当面は価格引き下げを行なわないと考えるからだ。

そして、もう一つ。先日林信行氏も書かれていたがMacBook Airの賛否論はまだ続くのだろうか??わたくしにとってMacBook Airの賛否を論じる行為は(HDD容量やメモリ容量などへの意見は激しく同意するとして)朝食がご飯党なのかパン党なのかというぐらい嗜好に偏っていることで言い合っても答えの見つからない内容だと思われる。一番大事なのはどちらの価値観も受け入れることだ(笑)。

最後にオマケとしてMacBook Airを見た直後に外人の旅行者らしき女性がiPhoneで電話しているのを見てしまった(ビックリ)。思わず感動と共にジッと見つめてしまったのは言うまでもない(笑)。ああぁぁ、なんて素晴らしい一日だったのだろう(シミジミ)...

参考リンク

nobilog2-レビュー再考

TechOn!-【MacBook Air分解その5】「外は無駄なし,中身は無駄だらけ」

ITmedia +D PC User-MacBook Airレビュー前編:MacBook Airから見える新しい風景

PC Online-シリコンバレー通信 MacBook Air、実用的に使おうとしたら重さ2倍

PC Watch-本田雅一の「週刊モバイル通信」 第406回 MacBook Airに感じる「Air」なコンセプトと不足部分

当Blog-機能価値や在り方が変化しないモノ

当Blog-ありえるApple -podcast test-

当Blog-さらに新局面を突き進んで行くApple

アフェリエイト・リンク


iPod touchを持て!街へ出よ!(アフェリエイト・リンク)
Apple Store(Japan)

FONでiPod touchのアクセスポイントを増やそう(アフェリエイト・リンク)


Apple Storeで整備済製品をチェック(アフェリエイト・リンク)
Apple Store(Japan)

ブロードバンドプロバイダ料金比較(アフェリエイト・リンク)



posted by 賀川和之 at 22:18| Comment(6) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

テスト書込みです。
書込みが出来ないとご連絡を頂きました(汗)...
Bittenさん見えてますかぁ(大脂汗)!?
Posted by +.kだいひょう at 2008年02月23日 10:19
どもどもご無沙汰デス:)
Air 触られたのですか・・・うらやましい・・・NOBON は iMac に付属するキーボードがお気に入りなので、Air のキーボードもきっと気に入るはず・・・買えたらの話ですが^^;
でも、ま、+.k代表さんと同じ理由でしばらく触るのをよそうと思います(爆)
Posted by NOBON at 2008年02月23日 10:33
こちらこそご無沙汰で御座いますです(笑)。

>Air 触られたのですか・・・うらやましい・・・NOBON は iMac に付属するキーボードがお気に入りなので、Air のキーボードもきっと気に入るはず・・・買えたらの話ですが^^;

そちらではまだ展示されておりませんですか??
Apple Keyboardが気に入っている方はMacBook Airの
キーボードも気に入られるかもしれませんねぇ(笑)。

>でも、ま、+.k代表さんと同じ理由でしばらく触るのをよそうと思います(爆)

まあ、そう言わず機会があれば是非触れてみて下さりませ。
心地よい物欲がNOBONさんを飲込むことでしょう(爆)。
Posted by +.kだいひょう at 2008年02月24日 01:21
お久しぶりです。

いいなぁ...MacBookAir
こっちなんか、Airどころか、Macを触ることすらできませんorz...

仕方ないのでペーパークラフトで我慢しております^^;

でも絶対物欲に襲われるでしょうねぇ...
我慢我慢...

P.S.
Blogがアドレス&名称変更しましたので、再登録お願いします。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

Posted by Vista at 2008年02月24日 10:28
いつもどうもです.m(_ _)m

Bittenさんの記事も結構危険だけど,+.k代表さんの記事も危険だなぁ...
意識的に触りにいってないのもあるんだけど,これを読むと見てみたくなっちゃいます.
感動の100×ですか.そいつはヤバイ!
Posted by Double KO at 2008年02月25日 12:27
>Vistaさん
いらっしゃいませ!!元気にしておられましたか(笑)??

>いいなぁ...MacBookAir
こっちなんか、Airどころか、Macを触ることすらできませんorz...

そうかぁ...VistaさんにとってはMacBook Airはおろか
Mac自体にも触れる機会が無いわけなのですな。

モノというのは別に触れなくても只見ているだけでも
感じ取る事が出来るのですよ。

そして、只感じ取る日々を過ごした後に本物のMacに
触れた時の感動は世界中の中で唯一Vistaさんだけが
味わう権利がある特別なものなのですよ。

是非それを味わうつもりでMacを日々感じ取ってみては
如何でしょうか(笑)。

>仕方ないのでペーパークラフトで我慢しております^^;

おおぉぉっっっっ!!それは素晴らしいっっっ!!
ペーパークラフトからもMacは伝わって来ますよ(笑)。

ペーパークラフトを手にしているVistaさんは本当に
「我慢」している状態なのか感じてみましょう(笑)。

>でも絶対物欲に襲われるでしょうねぇ...
我慢我慢...

物欲は我慢しなくて良いんですよ。ただ今本当に手に
入れる事が出来るのか??この中にはお金だとか
色々な事柄が含まれています。

手に入れる為の全ての条件が揃っていれば、
そして、本当にVistaさんが心の底からMacBook Airが
欲しければ是非手に入れてみて下さい(笑)。

>Blogがアドレス&名称変更しましたので、再登録お願いします。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

はい、リンク再登録しておきましたよぉ。
同じseesaa仲間だったのですねぇ(笑)。

>DoubleKOさん
>いつもどうもです.m(_ _)m

はっっ!!こちらこそいつもお世話になっておりますです!!

>Bittenさんの記事も結構危険だけど,+.k代表さんの記事も危険だなぁ...

えっっ!?わたくし「危険な香りのする男」ですか!?
いや〜〜〜〜照れるなぁ〜〜〜〜(爆)...

>意識的に触りにいってないのもあるんだけど,これを読むと見てみたくなっちゃいます.

えっっっ!?わたくしに触りたいとですか(ビックリ)!?
いや、わたくし既に奥さんがおりまして...
えっっっ!?もしかしてMacBook Airのことですかいな(爆)!?

>感動の100×ですか.そいつはヤバイ!

やっぱりMacBook Airのことなのねん(涙)...
はいぃ〜〜〜、MacBook Airは開いた状態だと
恐ろしいほど軽く感じるのですよ。

アレは明らかに手に持った時の比重を計算していると
思われるのですよ。だから閉じた状態ではやっぱり
1.36kg...という重量に感じるのですよ。

それでも軽いですけどね...あまりにも開いた状態の
比重が軽いので...
まあ、DoubleKOさん自身が味わってみて下さいませ(笑)。
出会いを避けているなんて恋愛と一緒ですわ(爆)。
Posted by +.kだいひょう at 2008年02月25日 14:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。